ソリューション事例

尿素水の成分分析②

「自動車から排出される窒素酸化物及び粒子状物質の特定地域における総量の削減等に関する特別措置法」、通称自動車NOx・PM法が改正されました。
排気ガス浄化技術の一つが、尿素水によって有害物質を分解する「尿素SCRシステム」です。
尿素SCRシステムとは、尿素水がNOx(窒素酸化物)を分解するシステムです。排気中に噴射することで尿素水に含まれるアンモニア(NH3)が窒素酸化物(NOx)と化学反応し、窒素(N2)と水(H2O)に還元されます。この仕組みにより有害な窒素酸化物は、無害化されます。

使用する尿素水はJIS(日本工業規格): JISK2247-1もしくはISO(国際標準化機構): ISO2241-1に適合するものであることが要求されます。適合しない尿素水を使用して尿素SCRシステムに故障が発生すると、段階的にエンジン出力を制限するため、通常の作業ができなくなります。
ここでは、JIS規格に沿った試験の概要をご紹介します。

アルデヒド ・ 不溶解分 ・ りん酸(PO4) ・ 元素分析 ・ FT-IR

PDFダウンロード

  • 最適分析検索

  • 分析Q&A
  • モレスコテクノってどんな会社?

まずはお気軽にご相談ください:TEL 078-303-9018 / FAX 078-303-9025

メールフォームはこちら