ソリューション事例

自家発電設備の冷却水(クーラント水)成分分析

2018年6月に自家発電設備の点検方法が改正され、負荷運転に代えて行うことができる点検方法として、内部観察等が追加されました。
そのなかに、自家発電設備に使用される冷却水(クーラント水)の成分分析があります。
冷却水(クーラント水)の成分分析によりオーバヒートなどの原因となる冷却水の劣化や、スケール堆積の有無を確認します。
測定項目は「pH」、「全硬度」、「電気伝導率」、「蒸発残留物」等です。
製造者の指定値範囲内であることを分析し、指定値範囲外の項目がある場合には、異常がある部位に清掃、修理、交換等の必要な措置を講ずる必要があります。
本事例では、自家発電設備に使用される冷却水(クーラント水)の成分分析の試験概要をご紹介します。

PDFダウンロード

  • 最適分析検索

  • 分析Q&A
  • モレスコテクノってどんな会社?

まずはお気軽にご相談ください:TEL 078-303-9018 / FAX 078-303-9025

メールフォームはこちら