2017.07.20溶存酸素計を更新しました!

この度、弊社では光学式溶存酸素計が工場排水試験方法JIS K 0102に採用されたことに伴い、
溶存酸素の測定装置を光学式溶存酸素計に更新しました。

蛍光式溶存酸素計は、蛍光色素の蛍光が溶存酸素によって妨げられ,蛍光の持続時間が短く、

強度が弱くなる消光現象を利用しています。色素の蛍光と溶存酸素の量の間には負の相関があり、
溶存酸素がないと、蛍光の持続時間及び強度は最大となります。

今までの溶存酸素計と比べ、測定妨害物質はほとんどなく、流速の影響もありません。

測定が必要な際には、是非とも弊社の分析をご利用下さい。
詳しくはこちら

  • 一覧へ
  • 最適分析検索

  • 分析Q&A
  • モレスコテクノってどんな会社?

まずはお気軽にご相談ください:TEL 078-303-9018 / FAX 078-303-9025

メールフォームはこちら