分析項目一覧

【六価クロム溶出試験】

六価クロム Cr6+

土壌の試料を粗砕後、2mmのふるいを通過させる。その後、試料に水を重量体積比10%で混合し、6時間連続振とうさせる。6価クロムが溶出した水をろ過し、検水とする。

クロム単体および3価のクロムには毒性はないが、6価のクロムには強い酸化作用があり、極めて毒性が高い。

めっき工場やクロム化合物製造工場の廃液などでは、6価の形で存在している。

ちなみに、自然界に存在するクロムはほとんどが3価のクロムである。

必要量
単価料金 10,000円
納期 7日

一覧へ戻る

まずはお気軽にご相談ください:TEL 078-303-9018 / FAX 078-303-9025

メールフォームはこちら