分析項目一覧

【灰分】

坩堝に精秤した試料を加熱し一定の状態で燃焼させる。坩堝の内容物を炭素質物質とした後、電気炉で炭素質物質が完全になくなるまで加熱する。室温まで放冷し質量を計測する。この操作を繰り返し、恒量とした残留物が灰分である。

必要量 150ml
単価料金 4,500円
納期 7日

一覧へ戻る

まずはお気軽にご相談ください:TEL 078-303-9018 / FAX 078-303-9025

メールフォームはこちら